商品カテゴリー 梱包、発送について 支払いお届けについて 特定商取引に関する法律
現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

ごあいさつ

私共は長きに渡り醤油や酢など独自の製法で造り、地元の各家庭を中心に一軒一軒顔を出し配達をしている田舎の小さな醤油屋です。
「大亀さんようきちゃんさったなあ、大亀さんの醤油でなきゃあ、やれんけんなあ。」こんな昔から変わらない温かい言葉が支えとなり、今日までかたくなにこのやり方を大切にしてまいりました。
そんな中、近年の急激な過疎化により段々と家族が少なくなる家庭が増え寂しくなる一方、都会に出られた出身者の方のご紹介で、今では全国各地からご注文をいただくようになりました。
この度のホームページ開設にあたり、遠くのお客様とのつながりの輪をもっともっと広げたいという思いと、もう一つ私には常日頃からの強い思いがありました。それは大亀醤油を愛してくださる遠くの方々にお醤油以外の地元の宝も届けたいということでした。
私共は毎日邑智郡、江津市、浜田市と車を走らせ、いいものをたくさん見つけております。このホームぺージの開設を機に皆様に醤油と合わせて地元のたくさんのいいものをご紹介し、皆様とふるさと島根との橋渡しをしていけたらと思います。
若干40歳にしてアナログ人間の私ですが、これからは先代のやり方を守りながら、ネットを通じたお客様とのつながりという新しいやり方で、全国の皆様に私共の醤油と、そして島根のいいものをお伝えすることで、私の思いを形にしていけたらと思います。

社員    

平成23年3月     
吉岡醤油有限会社
代表取締役  柳光 達二

 

 

 

 

大自然の中での醤油造り

会社の裏手にはゆったりと流れる中国太郎「江の川」、前には清らかな水が流れる支流「八戸川」。私共の会社はこの2つの川に挟まれ、その周りを四季により様々に映りゆく山々がそびえ立つ大自然の中にあります。この場所で創業から70余年、先代から現在4代目まで秘伝の醤油造りを受け継いでまいりました。
大自然の恵みを受けながらの70年でしたが、その間には度重なる洪水に悩まされ、醤油造りを断念しようとしたこともあったと先代が話しておりました。
今でもこうして昔と変わらない風景の中で昔と変わらない醤油造りに専念できることに感謝しつつ、これからもお客様に喜んでいただける商品を丹精込めて作っていきたいと思います。そしてこの大自然が桜江の宝であるのと同じように、大亀醤油も「ふるさとの宝」となれるよう精一杯精進していく所存です。

 

会社がある川戸の町    会社がある川戸の町

会社の裏手からの眺め

 

 

吉岡醤油の歩み

 

昭和13年

初代吉岡孝太郎が家庭用の醤油を造り、近所に一斗樽で販売を始める。

昭和19年

2代目吉岡丸一が引き継ぎ、「吉岡醤油醸造場」として営業を始める。商品名を町内の大亀山から名前を取り、「大亀醤油」と名付け、一升瓶で濃口醤油の販売を始める。

 

 

昭和29年

邑智郡、江津市、浜田市を中心に販路を拡大し、各家庭に配達を始める。

昭和46年

3代目吉岡賢治が引き継ぎ、小売店などに卸す卸売業も積極的に始める。

昭和47年

大洪水で屋根までの浸水。その後、復旧して醸造を再開する。

昭和55年

町の区画整理で裏に堤防ができ、新しい蔵が出来上がる。機械を取り入れた新しい醸造方法で塩分を控えたうす塩の濃口醤油を造り、これが今日の大亀醤油の礎となる。

昭和58年

1Lのペットボトルなど、消費者のニーズに合わせ小さいサイズの醤油を作り始める。

昭和60年

地元の出身者の口こみで広がった全国からの注文を宅配で送り始める。

平成16年

吉岡醤油有限会社設立。 4代目柳光達二が社長に就任。 醸造に加え醤油加工品にも力を入れ、多種の商品を作る。

平成23年

インターネットでホームページを開設。全世界へ情報発信! たくさんの方との出会いを切に願う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会社概要

 

会社名

吉岡醤油有限会社

代表者

代表取締役 柳光達二(リュウコウタツジ)

所在地

〒699-4426 島根県江津市桜江町川戸13-7

URL

http://ookamesyoyu.com/

電話

0855-92-0045

FAX

0855-92-0045

E-Mail

ookame@ookamesyoyu.com

設立

平成16年10月

事業内容

醤油、その他調味料の製造、販売

会社概観 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのTOPへ